トップ 差分 一覧 ソース ヘルプ ログイン

出会い系サイトとしてのTwitter

最終更新時間:2010年10月03日 09時15分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加

[お尻,異性装,Twitter,中二系]

Twitterは、その自由度の高さゆえに、様々な使い方がなされている。
そんなTwitterの一部には「出会い系サイト」が出現しているのである。

早速「Twitterで出会うことなどできるのか?」と疑問に思うかもしれない。
結論から言うと、出会える。
Twitterユーザーの間ではよくオフ会が開かれている。
多数あるSNSの中では、おそらく最も気軽にオフ会が開かれている。
スマートフォンを使用することで、他のユーザーといつでも連絡を取り合えるのだ。
オフ会の連絡にも都合がいいのである。

次の疑問だ。「面識のない人と気軽に出会って危険ではないのか?」
これを解決するのは、Twitterの情報伝播力だ。
オフ会でセクハラでもしようものなら、そのことを参加者にツイートされ、さらにRTを繰り返してあっという間に広まる。
極端な例としては、フォロワーの多いユーザー1人に捕まるだけで、数千人、ときには数万人単位の人がそれを読むことになる。もっとも、まじめに読む人はごく一部だが。
そのツイートを読む人々も多彩だ。ほとんどの人はその残念なセクハラユーザーをこのツイートで始めて知ることになるのだ。
そしてTwitter中がその残念なユーザーの話題で盛り上がる。
最終的にその人はコミュニティーから追い出されてしまう。
このようにして、Twitterオフでは安全が確保されている。

それは性的な関係を伴う出会いでも同じだ。
唯一違うのは、彼らは多くの場合、鍵垢(ツイートが非公開のアカウント)を使うことだ。
それは、会社の同僚や友人や家族に見られては困るからである。
鍵垢持ち同士がフォローし合い、コミュニティーを作る。
そして、互いに話し合い、関係を築き、出会い、セックスするのである。

あまりにも気軽だ。
出会い系というよりは、ハッテン場かもしれない。
実際、同性間の交流に使われていることが多い。

さらに、彼らが出会う様子は、ほとんどフォロワーに筒抜けである。
多くの場合、出会うことの相談はリプライで進められるからだ。
プレイの実況をする人までいる。
すなわち、コミュニティーの全員が、ふたりの関係や趣味嗜好を知ることができる。
そしてそれはコミュニティー内において、さらなる会話、ついには出会いの原動力になるのである。
容姿のいい人、プレイのうまい人などはたちまち噂になる。
たくさんの人と関係を持つユーザーも少なくない。

出会いがさらなる出会いを生み、セックスがさらなるセックスを生んでいるのだ。